仕事をしているとマウスを使うのが面倒ですよね。そんなストレスを少し解消させてくれるのが、「ショートカットキー」。今回は厳選して、使えるショートカットキーを集めてみました。使えそうなキーがあったらすぐに試してください。使ってみないと効果は分からないですからねー。

記事の最後に詳しく特集したサイトも載せてあるので「こんだけじゃ足りないよ!」という人は参考にしてください。あと、全部一気に覚えるのは大変なので「気に入ったものから使い始める」のが効果的だと思います。


「スタート」 +「L」:スクリーンロック

 ⇒会社では離籍時にスクリーンロックをかけることがルールなので、この機能は便利です。離籍するときは「スタート」+「L」!

「スタート」+「R」:ファイル名を指定して実行

 ⇒ファイルサーバのリンクをコピーしたあとに、ファイル名を指定して実行(「スタート」+「R」)を開き、先ほどのURLしてペーストして「Enter」。いちいち、ブラウザを開いてアクセスするよりも楽です。

「スタート」+「D」:デスクトップを表示

 ⇒デスクの背後に人の気配を感じたら、「スタート」+「D」でWindowを全て隠すことが出来ます。これも便利。

「Alt」 + 「Enter」:プロパティを表示

 ⇒ファイルサイズを調べるのに、ファイルやフォルダのプロパティを見ますが、「Alt」 + 「Enter」で一発表示。

「Alt」+「Tab」:開いている項目を切替

 ⇒いろんなアプリケーションを開いていると、それを切り替えるのも面倒ですよね。そんなとき「Alt」+「Tab」を使えば、一覧が画面中央に出てくるので簡単に切り替えることが出来ます。

「Shift」+「Delete」:選択した項目を、ごみ箱に入れず完全に削除

 ⇒ごみ箱ってなかなかメンテナンスしないので、一発で完全削除できるもの便利です。

「F2」:選択した項目の内容を変更

 ⇒この機能は特にMicrosoft Excelで効果的です。セルの内容を修正したいときに「F2」をクリック。そうするとセルの中身を修正することが出来ます。普通にWindows上でファイルやフォルダを選択したときにも応用できます。


他にも、Microsoftのホームページでもショートカットキーが紹介されています。WindowsやOffice系の製品がそれぞれまとめてあります。基本的なコマンドも書かれているので参考になります。でも「これは使わないだろう。。」といったショートカットキーも含まれてます。
Microsoft キーボードショートカットキーの一覧

また以下のサイトは素晴らしいです。ショートカットキー市場のツートップです。観ておいて損はないです。

uessay: パソコン作業を華麗にスピードアップ(100tips)
 ⇒ショートカットキーだけじゃないけど、本当に参考になります。僕も少しずつ習得していこうと思います。

windowsを10倍便利にするキーボードショートカット集 (CROSSBREED クロスブリード!)
 ⇒このサイトはキーボートショートカットに的を絞ってます。周知の技も多いけど参考になりますね。

0 コメント:

コメントを投稿