たまには仕事の話でも。

といっても中身ではなくていま流行り(もう終わった?)のライフハック術です。

いろいろなウェブページや本で紹介されてるけど、
ITmedia Biz.ID:LifeHack(ライフハック)
が結構面白いですね。

そんな中、僕がやっているのは
 ・デスクトップに「実施済」フォルダを作成して、終わった仕事に関するファイルを全てそこに保存する。
というものです。これ、特に事務処理系のルーチンワークをこなすときに効きます。

いくつかルールがあって
 ・仕事を始めるときはデスクトップに「西暦年月_案件名(簡潔に)」のフォルダを作る。
 ・案件に関連して作成したファイルをそのフォルダに格納する。
 ・現在進行形の仕事に関するフォルダはデスクトップの右側に寄せる。
 ・仕事が終了したら、「実施済」フォルダに入れる(その際、中途半端なファイルは保存しない)。
これを忠実に守っていきます。

そうするとどのような効果があるかというと
 ・デスクトップに過去のファイルが残りづらくなる。
 ・過去の案件について、問い合わせを受けたときに検索が容易になる。
  (フォルダ名に作成月を書いているため)
 ・再度、同じような仕事をするときに参考になる。
  (さらに、コピペして新しくフォルダを作るとノウハウがどんどんたまる)
といった感じです。

資料整理とノウハウ構築が同時に出来るので、一石二鳥。時間が経つほどにノウハウは貯まっていくので、仕事の効率性は上がっていきます。いま、この工夫をしてから半年くらい経ちますが仕事が楽にこなせるようになってきたので紹介してみました。

0 コメント:

コメントを投稿