仕事でかなりお世話になっているソフトのひとつがPrimoPDFです。このソフト、フリーウェアだけど超便利です。最近、日本語化されました。

フリーのPDF変換ソフト「PrimoPDF 3.1」の日本語版が27日にリリース

普通、何かファイルをPDF化しようとするとAdode Acrobatなどの有償製品が必要です。これらのソフトウェアを使う場合、

 ・PDF作成ツールに文書を読み込ませる。
 ・ツール上で文字化け、型崩れがないかチェックする。
 ・PDFファイルへの変換。
 ・保存されたPDFの内容確認。

といったまどろっこしい、作業がありました。当然、途中の内容確認でつまずいたら初めからやり直し。

文書をPDF化するには、PrimoPDFを使えばもっと簡単です。

 ・文書を普段使っているソフト(Word、Excel、PowerPointなど)で開く。
 ・「印刷」ボタンを押す。
 ・「プリンタの選択」で「PrimoPDF」を選択して、印刷。
 ・PrimoPDFの画面が立ち上がるので、保存場所を指定して「OK」をクリック。

これで、保存場所にPDFファイルが作成されます。基本的に印刷イメージをそのままPDFファイル化しているので、文字化けや型崩れはほとんどなし。この手軽さがいい。

複数のPDFファイルをまとめるには、まるごとPDFがいいです。このソフトは

 ・既に作成されたPDFファイルをまとめる

ことが出来るソフトです。これも手順は簡単で、

 ・まとめたいPDFファイルの指定。
 ・順番の指定(どちらのPDFファイルを先に表示するか)。
 ・保存場所の指定。
 ・保存(PDFファイルをまとめる)

といった具合です。こちらのソフトもフリーウェア。オススメです。




0 コメント:

コメントを投稿