2008/01/08

ボクにとってのPHS。







きょうの24時で、ドコモのPHSは電波が吹かれなくなる。そこでボクとPHSとの関係について思い出してみた。





重要なお知らせ : ドコモPHSサービスをご利用中のお客様へ | お知らせ | NTTドコモ





ドコモでは、2008年1月7日をもちまして、「PHSサービス」を終了させていただきます。


 




高校3年の夏、両親にお願いして買ってもらったのがDDIポケットのPHS。その後、auの携帯電話に買い換えて今はドコモのFOMAを使っています。プライベートの携帯電話として、ドコモのPHSを利用したことはない。でも、新入社員時代、社会人としてのイロハの「イ」も分からない頃から「P-in m@ster」と呼ばれるカード型端末を渡されて、仕事柄、携わっていたシステムの動作確認に一生懸命だった。



ボクにとってのPHSは、



・高校時代に使っていたDDIポケット

・社会人になって、数年間使っていたドコモのPHS



に分類されています。



高校時代、ポケベル全盛だったあの頃、ボクは公衆電話に群がる女子高生の姿がどうも受入れられなかった。その反動からか、友達がポケベルからPHSに乗り換えたタイミングで、両親におねだりをしてPHSを買ってもらったのを覚えています



あの頃は、まだ携帯メールなんて出来なかったとおもう。かかってくる電話も特定の男友達だけだったけど、PHSを持っている人が少なかったわけで、



・オレはPHSを持ってるんだぞ。



という優越感に浸ることが出来ていたし、もたせてくれた両親には感謝をしてた。さらに、電話がかかってくるだけでワクワクしていたのを思い出す。その後、大学に入って、auの「学割」に引かれて機種変更。



一方で、ドコモのPHS。



詳しいことは書けないけれど、とにかく一日中、PHSをつないで仕事をしてた。データ通信ばっかり。今思うと、64kbpsっていう速度は、ありえない遅さ。でもそこそこ、ネットを閲覧することは出来た。



たまにつながらないことがあって頭が痛かった。それが設定ミスの場合もあれば、電波が入らなかっただけの場合もある。P-in って、カード自体に小さくて赤い発光ダイオードみたいなのがついてたんだけど、その点滅によって接続状態がわかる。その点滅具合に一喜一憂をしていたのを思い出すわけで。







いまは、全然使ってない。







たぶん、仕事で沢山使いすぎた反動もあるんだとおもう。手を出そうともしない。

それでも、「PHSのサービス停止」という響きにはグッと胸を締めつけられる思いがする。







0 コメント:

コメントを投稿