雨の日に紙の買い物袋の上に、店員がビニール袋をかけてあげる。日本だと、そんなに珍しくない光景ですがニューヨークでは非常に珍しい模様です。



NYの『MUJI』、感動的なカスタマー・サービス | WIRED VISION




一部を引用します。



グランド・フィナーレはその後だ。その日ニューヨークは雨だったため、私の買った商品は、紙製の買い物袋の上から、さらにビニールのカバーで覆われたのだ。このカバーには、ドライ・クリーニングに出した服を覆うビニールと同じように、紙袋の取っ手を出すための開口部が上部にある。



ここまで行き届いた工夫に、私は店のなかで本当に息を呑んでしまった。これはとても簡単なアイデアだが、信じられないほど心地よい。


日本では当たり前だけど、アメリカではないもの。日本という国が最近、元気が無いけどこういうニュースを観ると嬉しいですね。


0 コメント:

コメントを投稿