巷では、ASUSのEeePCが話題になってます。他にも工人舎やUMPC「CloudBook CE1200J」などが対抗馬としてあげられる。どれも10万円を切る価格で、通常のノートPCよりもサイズは小さいがWindowsXPやVistaなどPC用のOSを搭載しているところが特徴。



この小型PC市場に、世界シェア第一位(日本では第五位)のHP(ヒューレット・パッカード)が参入してきたわけです。



日本HP Notebooks / HP 2133 Mini-Note PC



VistaOSだが、安くて6万円台。画面解像度は1280×768ドットでHDDは120GB。6月上旬から発売開始とのことで、早く実機が観たいところですね。ちなみにHPのパソコンはビッグカメラ各店と銀座の直営店で展示されてるそうです。



日本HP HP Directplus Pavilionを見て触って、購入できる展示販売店舗のご案内



0 コメント:

コメントを投稿