まだ、開催中だけど北京オリンピックにおける日本代表選手の活躍には、本当に感動しました。年をとってきたせいか、涙脆くなっているかもしれないけれど、金メダルを目指して戦う姿や勝利の瞬間を目の当たりにして、たくさんの元気を分けてもらった気がします。



現在、2016年の東京オリンピック開催に向けて、活動が活発になってきてますけど、ボクはこの北京オリンピックを通じて、8年後は東京で開催して欲しい!と思うようになりました。大きな理由は「時差」です。

今回、中国での開催ということで時差は1時間。そして、次回オリンピック開催都市の時差は9時間。この差は大きい。やっぱり寝不足になりながら、応援するのでは体もつらいわけです。なんていうか、時差が少なかった今回のオリンピックは、ゆったりと贅沢に観戦できたような気がするのです。

また、東京都の猪瀬直樹副知事は、

なぜ「東京オリンピック」なのか - ビジネススタイル - nikkei BPnet

において、

環境を重視した先進国型のモデルをつくる

といっています。これも大きく期待ができるとおもいます。今の日本は、まるで北京の大気汚染のような灰色の雲のように、なんとなく閉塞感がたどっている気がします。それが、東京オリンピックというひとつの目標に向かってみんなが歩き出すことによって、何かが変わるのではないか、と思うわけです。

そして、今回の北京オリンピックでは、10代の選手が数多く活躍していました。彼らの8年後の雄姿は、東京で見たくありませんか?

ボクは、競技場に足を運ばないにしても、テレビでいいから時差もなく観戦したい。2016年の開催都市レースでは、東京には是非とも金メダルをとってもらいたい!と切に願ってやみません。


0 コメント:

コメントを投稿