今年に入ってから、まったく更新が滞っていた「東京観劇レポート」ですが、その間観劇をしていなかったわけではないんです。

むしろ、月1回くらいのペースで、劇団四季や東宝系のミュージカルを観ていました。

きょうは、まとまった時間をとることができたため、一気に4件をアップしました。さすがに半年分はきついですね。というわけで、よろしければこちらもご確認くださいー。

東京観劇レポート: 20090607|李香蘭|劇団四季

東京観劇レポート: 20090412|ひかりごけ|劇団四季

東京観劇レポート: 20090405|キャッツ|劇団四季

東京観劇レポート: 20090131|アルデールまたは聖女|劇団四季

そして、この記事のタイトルにあるように、劇団四季は2010年春に四季劇場「夏」を誕生させるとのことです。

劇団四季 四季劇場[夏]誕生!ー2010年春、「大井町」に。ー

浅利氏によれば、劇団四季では現在、全ての劇場がフル稼働をしている状態で、長らく東京で上演していない「美女と野獣」や「マンマ・ミーア!」、そして新しい作品などを上演する劇場がなく、なかなか叶わなかったんだそうです。

そのような中、五反田キャッツ・シアターの千秋楽が決定した時に、劇団四季と品川区は次の劇場プロジェクトの協議を始めたとのこと。四季劇場[夏]は、駅から徒歩3分という好立地なので、ありがたいですね!

当のキャッツ・シアターは今年の秋にはみなとみらいに完成するということですし、劇団四季ファンとしてはこれからも十分に楽しめる環境が整ってきてうれしい限りです。



0 コメント:

コメントを投稿